Yasunaga, K., Kanamori T., Morikawa, R., Suzuki, E. and *Emoto, K.(2010)
Dendrite reshaping of adult Drosophila sensory neurons requires matrix metalloproteinase- mediated modification of the basement membranes. Dev. Cell 18: 621-632.
PMID: 20412776 [PubMed - indexed for MEDLINE]

血管ネットワークの構築過程において、組織の酸素需要の変化に順応すべく血管が退縮・新生を繰り返す、いわゆる『血管リモデリング』の過程は広く知られております。神経においても同様、幼児期に音や光などの外部情報を感受し始めると、神経回路の配線の組み替えが頻繁に起こり、言語や音感の学習成立や外環境への適応が行われると考えられています(図1)。この『神経回路の再編』のメカニズムはこれまで殆ど不明でした。本論文で榎本(大阪バイオサイエンス研究所)らは、ショウジョウバエの系を駆使し、『血管リモデリング』の中心的分子であるMmp2が『神経回路の再編』において必須であることを突き止めました。Mmp2により神経回路の足場となっている細胞外マトリックス(ECM)が部分的に分解され、分解されずに残存した足場に依存して神経回路が「再配置」されるという現象が繰り返されることにより『神経回路の再編』は起こることを明らかにしました(図2)

 

zu01
zu02


back